お酒に強くなる方法|ストレス対策・運動対策

お酒に強くなるには様々な方法があります。その方法の中でも注目して欲しいのが、ストレス対策と運動対策です。あまり知られていないのですが、ストレスの方と、運動不足はお酒に弱くなる原因を作ってしまいます。お酒に負けないようにするためには、ストレスの除去と運動を積極的に実施してください。

こちらでは、ストレスと運動不足がお酒に弱い体質を作ってしまう理由についてお話します。

お酒とストレスの相性が悪い理由とは?

・ストレスが肝臓に強い影響を与えてしまう

ストレスは身体に様々な影響を与えていることが分かっていますが、実は肝臓にも悪影響を与えてしまいます。

ストレス、交感神経を活性化してしまうことが分かっています。交感神経と副交感神経があり、副交感神経が活性化するとリラックス状態になります。しかし、ストレスは交感神経を活性化させてしまうのです。

副交感神経は肝臓を動かすのに関わっているのですが、交感神経が強くなってしまうと肝臓が動きにくくなります。アルコールの分解がされにくい状態になってしまうのです。

さらに、交感神経が強くなると内臓の血液量も少なくなってしまいます。その結果、肝臓に大きな負担が出てきてしまうのです。

ストレスが高まると、

・肝臓の働きが弱くなる

といったことがあるので、どうしてもお酒に弱くなって二日酔いなどが起こりやすい状態になってしまいます。

お酒と運動不足の相性が悪い理由

・栄養の蓄積が肝臓に負担をかける

運動不足の状態になると、エネルギーを体に蓄えるような状態になってしまいます。身体を動かさなければ、エネルギーは使われませんよね。どうしても身体に蓄積されていくことになってしまいます。

過剰な栄養の蓄積は肝臓に負担をかけ、結果的に肝臓の働きを低減させてしまいます。アルコールの分解がされにくくなり、二日酔いが長引く恐れもあります。

・血液の質が悪くなる

運動不足は血行不良を招きます。手足などの末端の血行が悪くなってしまい、血の質が悪くなってしまいます。肝臓は血液の浄化も行っているので、その処理で手一杯になってしまいます。肝臓が疲弊することになってしまい、結果的にアルコールの分解が優先して行われなくなってしまうのです。

運動することで血液の質をよくし、肝臓の機能をアップする、といったことが必要になってきます。