お酒対策成分「ウコン」の効果・効能

お酒対策に注目されているものといえばオルニチンがありますが、ウコンも有名ですよね、オルニチンが出てくる前は、ウコンがアルコール対策ドリンクとして大いに注目されていたわけです。

こちらではウコンには実際にどのような効果があるのか、といったことをお話します。

ウコンには肝機能を改善させる作用がある

・クルクミンが良い効果をもたらしてくれる

ウコンに含まれているクルクミンですが、胆汁の分泌を活性化してくれる、といった機能を持っているのです。胆汁の分泌が活性化することで、肝機能の働きが活性化します。肝臓の機能が衰えているということは、胆汁の量に問題があるかもしれません。オルニチンでクルクミンを摂取して対策としてみませんか。

ウコンには二日酔いを抑制させる機能がある

・アルールの分解が促進される

こちらもクルクミンが素晴らしい働きをしてくれます。ウコンに含まれているクルクミンですが、アルコールの分解を行う酵素をサポートする働きがあるのです。アルコールの分解が遅れてしまうことで、二日酔いが発生してしまいます。クルクミンを摂取していれば、アルコールが入ってきても早急にアルコールが分解されることになり、酔いの症状も早く解除されるのです。

アルコールによる健康被害を抑制してくれる

・高血圧
・高脂血症
・心筋梗塞
・脳梗塞

上記のような病気をウコンが抑制してくれることが分かっています。ウコンには食物繊維が豊富に含まれており、その機能が健康度を高めてくれるのです。

食物繊維には腸内でコレステロールを吸収して、そのまま体外に排出させてしまう、といった作用があります。コレステロールは血液にも重大な作用をもたらしてしまいます。そのような状況を未然に防ぐ機能がウコンにはあるのです。

もちろん、すでにコレステロール値などに以上がある方の利用に関しても問題ありません。コレステロール値の低減作用が期待できます。

高血圧などの原因になる動脈硬化に関しては、生命にも大きく関わってきます。動脈硬派は梗塞にも関係しており、大きな健康被害をもたらしてしまうのです。単にアルコール対策としてだけでなく、将来的な健康を守るためにもウコンの利用はおすすめです。

オルニチンと併用する、といった方法もおすすめです。ウコンとオルニチンを積極的に利用して、アルコール対策、そして健康対策を実施しましょう。