二日酔いの時におすすめな食品|柿・桃・梅干し・チーズ

二日酔いは合成してしまったあとでも、ある程度の対策をすることで症状が落ち着くケースもあります。ついつい前日に飲み過ぎてしまった、といったようなことがあるのであれば、こちらで紹介するような食品を食べてください。つらい二日酔いが軽減する可能性が高まります。

二日酔いにチーズがおすすめできる理由

・アセドアルデヒドを分解してくれる

アセドアルデヒドが肝臓に発生してしまうと、アルコールの分解がされにくくなってしまいます。そこでチーズのタンパク質が出番になるのです。

チーズには良質なタンパク質がたっぷりと含まれています。そのタンパク質が、アセトアルデヒドを分解してくれる、といった作用を持っているのです。結果的に肝臓の働きを促進してくれます。

ただ、チーズを二日酔いの時に食べられるのか、といった問題はあります。2日酔いになってから、というのではなく、お酒のおつまみとして利用する、といったことを考えておきましょう。

二日酔いに梅干しがおすすめできる理由

・体の状態を中和してくれる

二日酔いになっていると、身体は酸性の状態になっています。梅はアルカリ性の性質を持っているので、食べると中和してくれるのです。酸性になっていると体の怠さなどが出てきてしまうこともあるのですが、梅干しを食べれば、だるさなどが軽減するわけです。

二日酔いに桃がおすすめできる理由

・ナイアシンが体の機能を高めてくれる

桃には非常に素晴らしいナイアシンと呼ばれる成分が含まれています。二日酔いの改善作用があり、代謝機能を高めてくれるのです。身体の機能を全体的に高めてくれるので、アルコールの分解も促進され、アルコールによる影響を軽減してくれます。

水溶性ビタミンなので、多く摂取してもほとんど問題がない、といったメリットがあります。二日酔い系のサプリメントで摂取するのもおすすめできる成分ですよ。

二日酔いに柿がおすすめできる理由

・タンニンがアルコールの吸収を防いでくれる

柿には渋みの成分として有名なタンニンがたっぷりと含まれています。タンニンには、アルコールの吸収を防ぐ、といった能力があり、さらにアセトアルデヒドを分解してくれる機能もあるのです。アルコール対策がバッチリ出来る成分、といっても過言ではありません。

フルーツなので果糖も含まれているのですが、実は低血糖対策にも利用できる、といったメリットがある食べ物なんですよ。