肝機能向上!オルニチンのもたらす効果とは?

二日酔いに悩んでいる方は多いと思います。接待などをしなければならない、といった時にはある程度のアルコールをしっかりと摂取する、といったことになるでしょう。お酒が弱くても飲まなければならない、といったことはあるのです。

そこで出番になるのがオルニチンです。サプリメントなどでも販売されるケースが多くなっているのですが、実は、二日酔いに対して非常に強い力を発揮してくれることが分かっています。

こちらでは、実際にオルニチンがどのような効果を持っているのか、といったことについて明らかにします。お酒が弱くて悩んでいる方は必見です。

オルニチンには酔いを抑える機能あり

・血中アルコール濃度を引き下げてくれる効果がある!

血液の中に大量にアルコールがあるような状態になってしまうと、酔いが早く回ってしまいます。酔いが早く回ってしまうだけでなく、二日酔いになる確率も高めてしまうのです。

オルニチンには、血中アルコール濃度を引き下げるような作用が認められています。そもそも肝臓が弱いと血中アルコール濃度が高まってしまうのです。肝機能が強まっている方は、アルコールが早く分解されることになるので、血中アルコール濃度は低いままです。

オルニチンを摂取することで血中アルコール濃度が引き下がる効果があることが分かっており、酔いづらくなります。たとえば飲み過ぎたと思っていたとしても、定期的にオルニチンを利用していれば、思ったよりも酔いません。二日酔いになってしまうような状況も避けられるのです。

ただし、いくらオルニチンとはいえ万能ではありません。完璧な効果を得る、といったことは出来ないので、やはり飲み過ぎには注意してください。ちなみに、酔いにくくなったからといって飲み過ぎてしまう方もいるのです。それでは本末転倒、といった状態になってしまいかねません。

オルニチンの肝細胞の保護と再生促進効果

・肝臓が強まる具体的な作用

オルニチンを摂取することで、幹細胞の反故がされることが分かっています。甘いモノやアルコールによって破壊されないような状況を作り出してくれるのです。さらに、再生の促進効果もあるので、仮に傷を受けてしまったとしても、肝臓が通常の機能を取り戻すまでの時間が短い、といった効果まで期待できます。積極的にオルニチンを飲んでアルコールに強い肝臓を作りましょう。